2010年01月09日

スクール受講生の生声(6)絵本・あそび

父親が育児の主役になる!

ファザーリング・スクールのコンセプトに最もふさわしく、
いかにも父親学校らしい講座が、『絵本・あそび』です。

一期では教務主任(あづま)も初めて受講し、目からウロコでした。
思わず感動してしまう内容で、涙腺が緩んだ受講生も多かったです。

絵本の読み聞かせと手遊びは、やること自体は目的ではありません。

絵本と手遊びは、父親がもっている我が子への愛情を、具体的な形で伝えるためのツールなのです

文句なし「期待以上100%」のアンケートコメントをご紹介します。

-------------------------------------------------------------

●絵本は単に読むものと考えていましたが、「コミュニケーションツール」なんだという基本的なことに気づけてよかったです

●仕事だと効率を高めるなかでコミュニケーションを軽視しがちになってしまうのですが、スキル・ノウハウ以上にコミュニケーションの大事さや素敵さが伝わりました

●父が主体となれる絵本のジャンルは、非常に参考になった

●絵本=コミュニケーション・ツールという考え方が印象に強く残りました

●子どものころ、絵本が大好きだったことを思い出しました。飛び出す恐竜の本はぜひほしいです!

●どんな内容の講座になるのかな?と思っていましたが、正直かなり感動しました。

●絵本の読み聞かせで泣きそうになりました(おまえうまそうだな)

●最近の絵本事情が分かり、面白かったです

●伝承をしたい。

●小さいころ読んでもらった本を子どもにも読んでみたくなった

●絵本はもともと好きだったが、知らない面白い絵本がまだまだあることを知ることができた

●スキルやノウハウがほとんど不要で、コミュニケーションをとるのに絵本が役に立つというところに、一番気持ちが動きました

●絵本を久しぶりに他の人から聞いて、自分もいやされました。もう一度読んであげたくなりました

●絵本を読み聞かせることが楽しいことで、ママに独占させるのはもったいないのだと、どのパパ(FJに参加していないパパたちも)早く気付いてほしいと感じました。心に響きました

●いろいろなあそびの紹介の中に工夫がみられていて、とくにシチュエーションを与えるだけで一気にかわるということがよくわかりました

●少し先になるけど、水中モーターを使ってかまぼこ板等を使って夢中で遊んだことを思い出した。絶対、小学生くらいになったらやろうと思った

●5つほど類型化して解説していただいたので、頭の中を整理するのに役立ちました

●からだあそび、体力が必要なので、今からがんばります。

●自分が遊びの中でいろいろ学んだことを思い出しました

●子どもの頃を思い出しました。タミヤのモーターは絶対買おうと思いました

●昔やったあそび、知らなかったあそびを知ることができて、新鮮に楽しみました

●レパートリーをふやそうと思う。

●大阪は面白いものがたくさんありますね

●「大阪名物」は子どもに仕込みたいです

●「大阪うまいもん」を東京のに変えて100番までつくる

●あそびがワンパターンになってしまうのが、いろいろ工夫できそう。

●手遊びをいろいろ実践したい。

●うちの子ども(8カ月)はお風呂遊びが大好きです

●講座だと恥ずかしいのですが、子どもがいたらすぐに楽しくなってしまいそうです

●忘れていた遊びを思い出すことができてよかった。

●楽しくて多様なコミュニケーションが大切なのだと感じました

●絵本を毎週(毎日)読みたい!!と思いました

●絵本の読み聞かせのスキルに不安があって、とても聞きたい講座だったのですが、楽しめれば良いとのことで、自信がつきました

●絵本を多く手にとってみたいと思いました

●読み聞かせは習慣化したいと思います

●子どもに絵本を読んであげたい。お風呂遊び等も一緒に楽しみたいです

●絵本をもっとよみたい。まずは仕事を効率的にやる。必ず読む時間をつくる

●絵本を買いにいくことと、タミヤの水中モーターを買いにいきます

●たくさん絵本を読んであげて、たくさん子どもと遊びたいと改めて思いました

●恐竜のとび出す絵本には感動しました

●絵本から遠ざかって久しいので、懐かしい絵本と出会えてよかったです

●このようなスクールを会社のパパどもにきかせてやりたい

●今日も楽しかったです。ありがとうございました

●多くのパパが育児ができる社会環境を作っていきたい。

●とても熱心なパパが多く、こんなパパたちが集まれば、日本が変えられるのではないかと思いました


-------------------------------------------------------------

この講座のあと、絵本を自分で買い求めた受講生が多かったことも
後日談としてご報告します。⇒行動変容にむすびついた講座でした!

↓スクールの概要や申込の詳細はこちらへ↓
http://www.fathering.jp/school/about.html
posted by 安藤哲也 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

スクール受講生の生声(5)講座で学んだこと

スクールでは毎回アンケートをとりました。その感想の一例として、
第二回目の講座で「学んだこと、実践したいと思ったこと」と
「その他感想」で頂いたコメントを紹介します。

講師はFJ理事の小崎恭弘さん(神戸常磐大学短期大学部幼児教育学科准教授)。関西弁で喋り倒しの超おもろい講座でした。

------------------------------------------------------------

●子どもは、まずは安定・安心を得てから変化を求めるというのが、とても納得しました

●妻への気遣い→洗濯ものはただんで取り出しやすいようにしまうところまでする

●子どもが生まれたら朝ごはんを作りたい

●子どもが必要としていることについて学ぶことができました。子どもにとって、好きな人、好きなことが何かについて意識して関わりたいと思いました

●欲求の段階の部分、遊ぶところ3段階目から入ろうとしてしまっていた。改めて最初の段階から入ろうと思いました

●働き方を見直して育児の時間を意識的につくっていきたいと思います

●父親は背中を見せていればいい時代ではないので、どう豊かなコミュニケーションをつくって楽しんでいくのか、ということを具体的な話でお話しいただいたのが印象に残りました

●父と母が違っていいこと。「二人目のママ」になってもしようがないこと。

●今の時代の「父親らしさ」を自分でも考えたい

●父性と母性の役割分担を、妻とうまく行いたいと考えています

●奥さんと、もっともっと仲良くしたい。パパ・ママシートもぜひ作ります

●かたぐるまのバランス遊び

●これから生まれてくる自分の子どもを考えただけでなく、自分自身や自分の兄弟が育ったときのことを思い出しました

●プレパパなので、子どもが生まれてくるのが楽しみになりました

●受講生が自分自身の考えなどを表現する時間がもっとあったらうれしいと思いました

●保育園でのエピソード、楽しかったです

●むちゃくちゃ楽しい講義でした

●前回の講座でも感じたことですが、心を動かす内容を押しつけがましくなく、また理論的なところにも触れつつ、というところが本当にすばらしいと思いました

●同じ形は難しいにしても、横浜でもやりたいです!

●保育士と実際の子育ての経験に基づく豊富なエピソードがとても面白く興味深かったです

●とても楽しい時間をすごせてよかったです。ありがとうございました

●120分、ぶとおしでしゃべり倒すトーク術がすごいと思った

-------------------------------------------------------------

↓スクールの概要や申込の詳細はこちらへ↓
http://www.fathering.jp/school/about.html
posted by 安藤哲也 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

スクール受講生の生声(4)期待に対して

全8回の各講座ごとに、満足度と期待に比べてどうだったかについて
アンケートをとっていました。

1期全体トータルの評価は、満足度は95%、期待以上は79%。

10月1日開講式で「期待していた内容と、期待に比べてどうだったか」
のアンケート項目に関するコメントです。

基調講演(小室淑恵さん)とワークライフバランス講座を行いました。
その様子は事務局ブログでもアップしています。→(こちら)

--------------------------------------------------------------

●講師の方々の熱意が想像をさらに上回るもので、感動しました

●父親であることに対して意識の高い人たちに出会えたこと、その父親たちのために大変質の高い場を提供くださったこと、すばらしいです!

●ワークライフバランスの実践をするためのアイデアや意識づけ

●同世代、同じ状況(プレパパ)と友達になる

●ワークライフバランスについて理解を深めたいと思っていましたが、社会的情勢などから考えて、重要な点がわかった気がして良かったです

●小室さんの講演内容で全体の状況とすべきことをマインドセットしたうえで、具体的なパパとしての心得が学べた

●WLBの具体的内容で、父親向けの内容がうれしかった。通常WLB系の講演に行っても、父親対象の話はなかなかないので

●会社以外の方々の父親としての考え方を聞いて刺激を受けたいと思っていたところ、期待どおり刺激を受けました

●3時間半は長いかな?と思ったが、そう思わせないメニューだった

●今後の自分の人生を考える上での材料が欲しかったのですが、十分に参考になる情報が得られたと思います

●「学び」をするつもりできたのですが、「心」を動かされました

●予想外の内容だったので、すべてがサプライズだった

●話しが全ておもしろく、楽しく聞けた

●父親に必要な情報・内容をそろえていてくれる

●これから父親となるので、その心構えのヒントを得られることを期待していました。多くのヒントをこれから得られそうです

●ワークもあって楽しく学ぶことができた

●ドリプラのプレゼンも聞けて、大満足でした

--------------------------------------------------------------

↓スクールの概要や申込の詳細はこちらへ↓
http://www.fathering.jp/school/about.html
posted by 安藤哲也 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。