2010年01月08日

スクール受講生の生声(5)講座で学んだこと

スクールでは毎回アンケートをとりました。その感想の一例として、
第二回目の講座で「学んだこと、実践したいと思ったこと」と
「その他感想」で頂いたコメントを紹介します。

講師はFJ理事の小崎恭弘さん(神戸常磐大学短期大学部幼児教育学科准教授)。関西弁で喋り倒しの超おもろい講座でした。

------------------------------------------------------------

●子どもは、まずは安定・安心を得てから変化を求めるというのが、とても納得しました

●妻への気遣い→洗濯ものはただんで取り出しやすいようにしまうところまでする

●子どもが生まれたら朝ごはんを作りたい

●子どもが必要としていることについて学ぶことができました。子どもにとって、好きな人、好きなことが何かについて意識して関わりたいと思いました

●欲求の段階の部分、遊ぶところ3段階目から入ろうとしてしまっていた。改めて最初の段階から入ろうと思いました

●働き方を見直して育児の時間を意識的につくっていきたいと思います

●父親は背中を見せていればいい時代ではないので、どう豊かなコミュニケーションをつくって楽しんでいくのか、ということを具体的な話でお話しいただいたのが印象に残りました

●父と母が違っていいこと。「二人目のママ」になってもしようがないこと。

●今の時代の「父親らしさ」を自分でも考えたい

●父性と母性の役割分担を、妻とうまく行いたいと考えています

●奥さんと、もっともっと仲良くしたい。パパ・ママシートもぜひ作ります

●かたぐるまのバランス遊び

●これから生まれてくる自分の子どもを考えただけでなく、自分自身や自分の兄弟が育ったときのことを思い出しました

●プレパパなので、子どもが生まれてくるのが楽しみになりました

●受講生が自分自身の考えなどを表現する時間がもっとあったらうれしいと思いました

●保育園でのエピソード、楽しかったです

●むちゃくちゃ楽しい講義でした

●前回の講座でも感じたことですが、心を動かす内容を押しつけがましくなく、また理論的なところにも触れつつ、というところが本当にすばらしいと思いました

●同じ形は難しいにしても、横浜でもやりたいです!

●保育士と実際の子育ての経験に基づく豊富なエピソードがとても面白く興味深かったです

●とても楽しい時間をすごせてよかったです。ありがとうございました

●120分、ぶとおしでしゃべり倒すトーク術がすごいと思った

-------------------------------------------------------------

↓スクールの概要や申込の詳細はこちらへ↓
http://www.fathering.jp/school/about.html
posted by 安藤哲也 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。