2009年09月28日

10月1日、いよいよ開講です!

スクール立ち上げリーダーの東(あづま)です。

ファザーリング・スクールの開講がいよいよ今週になりました。
日本初の本格的父親学校。熱いパパ達が八丁堀に集結します。

今回のブログは、開講式のお知らせです。

--------------------------------------------------------

【ファザーリング・スクール1期生 開講式】

 〇日時:2009年10月1日(木)18時30分開始、21時30分終了
 〇会場:京華スクエア・ハイテクセンター会議室2

<スケジュール・内容(予定)>

18:30− 開講あいさつ
        スクール校長・安藤哲也
        NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事

18:40− 小室淑恵さんによる基調講演
        株式会社ワークライフバランス代表取締役
        ファザーリング・ジャパン アドバイザリーボード

19:40− 小休憩

19:50− スクールのガイダンス、スクール講師陣の紹介

20:00− 第一回講座「ワークライフバランス」
       講師:東 浩司
       プロ研修講師、ファザーリング・ジャパン会員

21:30  終了

※講座終了後は懇親会を予定しています(希望者のみ、実費)

--------------------------------------------------------

ファザーリング・スクールの開講式は、

ワークライフバランスで大変に著名な小室淑恵さんの講演あり、
体験型で楽しいワークライフバランスのセッションあり、
感動プレゼンあり(当日のお楽しみ)、盛り沢山の内容です。

初回から大いに盛り上がりそうです。


また、1期生の受講生以外に単科講座の申込も受付けています。
若干ですが、単科講座参加者用の席を用意しています。

小室淑恵さんのお話しを聞いてみたい方、ご自身のワークライフを
見直したい方、育児パパと語り合いたい方に、ぴったりの講座です。

【お申込方法】事前予約制、Eメール受付
school@fathering.jp に、お名前,ご所属,ご連絡先を送信ください。
 (単科講座の受講料は6,300円です)

パパ対象のセミナーですが、女性・独身者のご参加も歓迎します。
posted by 安藤哲也 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

小学校の跡地で学びます

のっぽ(187cm)の教務主任・あづまです。

今回は、ファザーリング・スクールの会場をご紹介します。

半年以上前から、会場探しでいろいろな施設を検討しました。
平日の夜に開講するスクールです。交通機関のアクセスがよく
パパ達が集いやすく、雰囲気のある場所を探しました。

そして、見つけました。
JRおよび地下鉄「八丁堀駅」より徒歩3分の場所にある
小学校跡地を活用した会議室をファザーリング・スクールの
第一期生の教室とすることに決めました。

その名も「京華スクエア・ハイテクセンター」。
ハイテクセンター.jpg

名前からすると、先進的なイメージがあります。でも、
実際の建物は、昔ながらの小学校の空気感にあふれていて、
なんだか懐かしさがこみあげてくる感じです。

施設の2階が「ハイテクセンター」でスクールの会場です。
ハイテクというより「超アナログ」な教室です。

3階は「早稲田大学エクステンションセンター八丁堀校」。
父親学校を、ビジネススクールと同じ施設で行います。
ハイテクセンター2.jpg

教室の窓からは、校庭を眺めることができます。小学生に
戻った気分で、「笑っているパパ」になる勉強をしましょう。

毎週の講座が終わったら、参加者同士の交流を深める
懇親の場所も用意していますので、そちらもお楽しみに。

※施設の紹介は下記のサイトに詳しく載っています。
中央区のまちづくり←施設の由来はココをクリック!
住所:東京都中央区八丁堀3-17-9←地図はココをクリック!


posted by 安藤哲也 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

男の婚活の切り札は“育児力”

長髪の校長・安藤です。

スクールに独身男性からの問い合わせが増えてます。

当然のことだと思います。

これから日本のサラリーマンの給料は下がる一方。

「右肩上がり」などあり得ません。

現にいま、20代の男性たちは、

「僕だけのサラリーでは一定水準の生活を維持するのは無理。妻になる人にも働いてもらわないと」

と、当たり前のように考えています。

そうだとしたら結婚後も、「共働き」が当たり前。

妻も働き、ダブルインカムでやっと家が買えるのです(夫が突然、リストラされても、とりあえず片翼飛行で食べていけます)。

じゃあ、家計はそれでいいとして、子どもができたら日々の「育児」は誰がするのか?

ママだけが、仕事もしながら大変な育児もすべて担うのは負担が大きい。ストレスや疲労が募り、子どもの成長にもよくないのです。

パパがしっかり子育てにコミットして、ふたりで育てるのがベストバランスでしょう。

つまり今後の経済状況・子育て環境において、これからの日本では「共働き・共育て」が、よりセーフティーなモデル、ライフスタイルなのです。

そのことに気付き始めている独身女性はたくさんいます。

しばらくしたら、「共働き・共育て」がスタンダードになるでしょう。

つまり今後は、

「育児をする(楽しめる)男しか、モテなくなる」

のです。故に、

「男の婚活の切り札は、育児力。」

結婚したい独身男性諸君!その力を、ファザーリング・スクールで磨いてみませんか?


posted by 安藤哲也 at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。